こばとの英語ノート

 言葉の妖精こばとの変てこな日常生活を英語を織り交ぜながら綴っています。こばと英語辞典も製作中。いつかは英語の総合サイトだって威張れるようになりたいな。何はともあれ、『こばとの英語ノート』をよろしくね!

Instagram(インスタグラム)は即席電報?

≪ 前回はジャンボ餃子を食べましたね~♪

Instagram は即席電報?

 現代ではほとんど使われなくなった昔の言葉が形を変えて蘇ることもあるんですよね。その言葉とは Telegram(電報) です。電報ってのは電信を用いた文書配達サービスのことです。若い人はもう知らないんじゃないかなあ。

 実は今世間で流行している Instagram(インスタグラム) という言葉は Instant (即席の)Telegram (電報) をくっつけた造語なのです (ちなみに「造語」を英語で coined word といいます)。

 もちろん、こばとも Instagram(インスタグラム)してますよ~♪
 ま、基本的に、色々な場所に行って自分ばかり写しちゃってます♪
 だって妖精さんが写ってるってだけで、すっごい インスタ映え するでしょ~?
 え? 別にそうでもない? マジ?

 ま、いいや。その話は置いておくとして、要するに Instagram(インスタグラム)ってのは、これまた昔に流行った Instant camera(インスタントカメラ)みたいに手軽に撮影して、電報みたいにアップロードできるって意味で作りだされた言葉なのです。え? インスタントカメラとは何かって? そ、そんな質問するのは平成生まれの人ですね! 自分で調べてくださいなっ!
 

Telegram(電報)の思い出

 まだ一般家庭に電話が普及していなかった昭和の初めの頃、京都に住む姉とよく電報のやり取りをしていました(この頃の数年間は一時的に離れて暮らしていたのです)。

 一番記憶に残っている ...... というより忘れようにも忘れられないのは昭和 11 年 2 月 26 日の早朝に送った電報です。雪の深い日のことでした。東京一帯には戒厳令が敷かれたのです。

 こばと自身も何が起こっているのかはっきりとわからないまま、慌てて
「トウキョウニテ イヘンアリ ショウサイワカラズ」
という電報を送りました。姉もずいぶんと心配していたようで、
「オトナシク ジタクタイキ スルコト」
という返事がありました。

 しばらくしてラジオから入る情報や人づての噂などで
「陸軍の青年将校たちが決起したらしい」
ということがわかりました。高橋是清大蔵大臣や渡辺錠太郎陸軍大将など、多くの政府要人たちがこのクーデターによって命を落としました。クーデターはすぐに鎮圧されましたが、この事件を機に日本の政治体制は大きく変化したのです。時の内閣は総辞職に追い込まれ、広田内閣が組閣されると軍部大臣現役武官制が復活し、日独防共協定が締結されるなど、日本は挙国一致体制へと邁進していったのです ...... はい、確かにこの時代、こばとも世に流されて軍国少女ならぬ軍国妖精になっていました。今となっては反省しています。ほ、本当ですよ? そ、それではまた次回にお会いしましょ~。

≫ そろそろ干し柿が食べ頃です♪
関連記事
 [ 2018/11/10 16:35 ]  こばと英語辞典 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する