こばとの英語ノート

 言葉の妖精こばとの変てこな日常生活を英語を織り交ぜながら綴っています。こばと英語辞典も製作中。いつかは英語の総合サイトだって威張れるようになりたいな。何はともあれ、『こばとの英語ノート』をよろしくね!

第6軌道都市モナケイはリムシーペルの故郷です

 ≪ 前回の記事はこちらです

 今日の午後、また地下に降りて行って、指輪に収められた百科事典を見せてもらうことにしました。大きな惑星ヤブゴナを巡る九つの月が映し出されて概要が説明されたあと、その中のひとつの月にズームされていきます。

第6軌道都市モナケイはリムシーペルの故郷です

[ナレーション]
 バハシェトはヤブゴナ惑星系最大の衛星で、大気と海洋をもつ準惑星型衛星のひとつです。赤道半径 4.212 ヤヴェリ、表面積 55.739 ステア、陸地と海洋の面積比は 43 : 57 です。陸地面積の 8 割はスカヴア皇国によって統治され ......

 とまあ、こんなふうにいかにも百科事典的な説明が続くのですが、やがて衛星バハシェトを巡るジャッゼオーグやハシンダなどの都市群の解説になります。向こうの世界では惑星や月の軌道上に造られた都市のことを軌道都市と呼んでいたようです。しばらくするとムシーペル種族の故郷『第6軌道都市モナケイ』の映像が現れました。

こばと
 漆黒の宇宙空間に浮かぶ白銀の都モナケイね~。
 とってもきれいなのね~。

指輪
 はい。本当に美しい都市です。

[ナレーション]
 第6軌道都市モナケイは、かつてハーリの入植者たちによって建造されました。現在は人口 8 万 3600 を擁する小さな独立国家です。人間市民の遺伝子構成比はスカヴア系が 6 割、ハーリ系が 4 割となっていますが、市民のほとんどは混血です。人間、人型機械、ヤークル(工学生命体)の比率は 78 : 15 : 7 であり、中にはこの国でしか見られない稀少なヤークルも居住しています。

こばと
 リムシーペル(リームシュ・ペエル)のことかな?

指輪
 そうかもしれません。

[ナレーション]
 居住区域には大気、丘陵地、河川、森林が整えられ、2 億種を超える動植物や昆虫群が豊かな生態系を形づくっています。

こばと
 あれはこちらの世界では見かけない動物ね~。
 牛と山羊の中間みたいな姿してるのね~。でも首がとっても長いのね~。

指輪
 ラクボナです。古代から食用・運搬・乗用に使用され、人類の生活や文明発展に貢献してきた草食動物です。

こばと
 恐竜みたいなのはいないの?

指輪
 残念ながらいないようです。
 モナケイの生態系は哺乳類を中心に構成されていたようです。

こばと
 この映像が撮影されたのはいつかな~。

指輪
 ヴィナモレー 75(ヤブゴナ暦 75 年)です。

こばと
 姉さんたちもこの町のどこかに住んでいたんですよね。

指輪
 はい。

こばと
 ...... でも、この美しい都市もなくなってしまった。

指輪
 ...... はい。必死に防戦しましたが、皇国の力の前には、なす術もありませんでした。

こばと
 だから姉さんたちはスカヴアの月に逃れたんだよね。

指輪
 タタヤ様が小さなリムシーペルたちだけでも戦火から逃れさせようと、シャトルに乗せて月に送り出したようです。

こばと
 ...... アジュアカータ姉さんもシャトルに乗った?

 自分でも理由がわからないけれど、思わずそんな問いが口から零れてしまいました。姉さんにはこの千年間、一度も訊けなかったことなのに ...... でも指輪の封印が解かれてから、心のどこかに真相を尋ねたいという衝動が沸き上がっていたのです。

指輪
 わかりません。私はこの世界に来る直前にパステスに譲渡されたので、御姉妹の過去についてはパステスが話された以上のことは知らないのです。

こばと
 前の所有者のイェラ・リペンダさんがバハシェトの月で姉さんたちを撮影したとき ...... アジュアカータ姉さんは ...... その場にいなかったんだよね?

指輪
 ...... おられませんでした。
 私はそのかたにお会いしたことはありません。

こばと
 そうですか。アジュアカータ姉さんは軍の情報部に務めていたようですから ...... きっと、きっと最後まで軍務をまっとうして ......

 これまでなんとなく想像していたことが当たっていのだと確信しました。
 溢れ出てくる涙を何度も何度もごしごしと腕で拭います。

指輪
 ネイネイス、どのように言葉をかけてよいのかわかりませんが ......

こばと
 いいの。ひっく、ひっく。
 なんとなく、わかっていたことだから。でもね、でもね ......
 やっぱり生きていてほしかった。軍務なんて投げ出したっていいから、卑怯だって言われてもいいから、とにかく生きていてほしかったよ。だって本当だったら、その先何千年も生きられたはずなのに ...... 楽しいことがいっぱいあったはずなのに ...... ひっく、ひっく。

指輪
 ...... はい。でも御長女様は、自分の代わりにネイネイスにずっと生きていてほしいと願っておられたはずです。

こばと
 うん。そうだよね。

指輪
 あなたには「ネイネイス」という名が授けられました。
 古い言葉で「夜明け」という意味です。
 「スィールパステス」は「風に乗る羽根」。
 パステスはその羽根で最後の卵を異界へ運び、あなたがこの地で種族の「夜明け」となる ...... 勝手ながら私はそのように解釈しています。

こばと
 指輪さんもロマンチストね~。
 パステス姉さんはモナケイが失われるずっと前に生まれたんだよ。

 こばとはもう一度袖でぐいと涙を拭って、小さく笑いました。

指輪
 そうですね。少し夢想が過ぎたかもしれません。
 しかし、これから数百年 ...... あるいは一千年先のことになるかもしれませんが、この世界が技術を得たら、パステスやネイネイスがこの地で、リムシーペルの遺伝子を受け継ぐ同胞を生みだすこともできるかもしれません。

こばと
 姉さんたちは、やっぱりこの世界で私たちが新しい「妹」を造ることを望んでいるのかな?

指輪
 断言はできませんが、種の繁栄を願うのは自然な感情でしょう。
 もしネイネイスがお望みであれば、すぐにでも私の中に収められている「人工生命」の技術をお伝えすることも可能です。パステスも元々はその方面の専門家ですから、お二人で協力すれば、もしかすると百年ほどで ......

こばと
 それはダメだよ。姉さんが猛反対するに決まってる。

指輪
 そうですね。我々にはたくさんの時が与えられているのですから ...... 焦るのはよしましょう。

こばと
 うん。でも ...... いずれは ......

<遠い未来にはこばとに妹がいるのかな>

 ≫ 次回は指輪の出自が明かされるよ
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/11/15 19:58 ]  こばとの思い出 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する