こばとの英語ノート

 言葉の妖精こばとの変てこな日常生活を英語を織り交ぜながら綴っています。こばと英語辞典も製作中。いつかは英語の総合サイトだって威張れるようになりたいな。何はともあれ、『こばとの英語ノート』をよろしくね!

英語で冷房をがんがん効かせましょう

エアコンの温度設定で涼音さんと揉めました

涼音
 ...... あの、こばとさん。

こばと
 何ですかー?

涼音
 ちょっと寒いので、エアコンの温度を上げてもいいですか?

こばと
 ダメ!

涼音
 ......

こばと
 今日はとーっても暑い日なのねー!
 都心の最高気温は36℃なんですよー!
 こんな日は冷房をがんがん効かせないと、やってられないのねー!

 I like to work with the air-conditioning blasting.
 こばとはエアコンをがんがん効かせて仕事するのが好きねー。


涼音
 ...... 冬は寒がりのくせに。

こばと
 それが何かー!?
 夏は冷房をがんがん、冬は暖房をがんがん。
 それがこばとのライフスタイルねー。

涼音
 ...... 威張って言うことではありません。

こばと
 とにかく暑いんだから仕方ないのねー。
 それにしても、最近は夜も朝方も気温が下がらないのねー。こんなこと昔はなかったのに、やっぱり地球がどうかしちゃって、あれなんですかねー。

涼音
 ...... どうか? あれ?
 本当に言葉の妖精なんですか?

Aisling
 こばとさんみたいなライフスタイルが地球をこんなにしちゃったねー。

こばと
 はあ!? なんですとー!?
 地球が暑くなったのは、こばとのせいだって言いたいんですかー!?

涼音
 とにかく寒いので、1℃だけでも上げてほしいです。

こばと
 だってさー。去年は妊娠中のマリちゃんがいたから、真夏も弱冷房ですっごく我慢したじゃん? 暑かったじゃん?

涼音
 私はあれぐらいがちょうど良かったですけど。

こばと
 最近の若い人ってダメねー。何でも中途半端ねー。
 昭和の時代はね、喫茶店なんかも、一歩足を踏み入れるだけで「ひゃああ! 寒いですねー」てぐらい冷房を効かせていたのねー。

涼音
 ...... こばとさんから昭和の話を聞くたびに、昭和の人たちに不信感が募ります。

こばと
 な、なんですとー!?
 昭和人を諸悪の根源みたいに言わないでくださいなー!

涼音
 とにかく風邪をひきそうなぐらい寒いんです。
 私の席はエアコンのすぐ下にあるので。

こばと
 はあ。仕方ないですねー。
 じゃあ1度だけ上げましょー。
 これでひとつ貸しですからねー。
 今度、ご飯をおごってくださいねー。

涼音
 ...... なんでこれぐらいのことで、そこまで恩を着せられなきゃいけないんですか。
 
<昭和が懐かしいなー>
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/07/18 10:12 ]  こばとの英語日記 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する