こばとの英語ノート

 言葉の妖精こばとの変てこな日常生活を英語を織り交ぜながら綴っています。こばと英語辞典も製作中。いつかは英語の総合サイトだって威張れるようになりたいな。何はともあれ、『こばとの英語ノート』をよろしくね!

コンピューターウイルスに感染しましたよ!

 土曜日の午後のことです。屋根裏の PC でブログ記事を書いていると、傍に置いてある iPhone に着信がありました。
「あー、古垣内(ふるがいち)さんねー、お久しぶりねー」
 電話の主は例の古文書騒動でお世話になった K 大学の古垣内道昭教授でした。
「こばとさん、大変なことになったんだ」
 でも古垣内教授は楽しくおしゃべりしようという雰囲気ではありませんでした。
「ど、どうしましたー?」
 とっても嫌な予感がしましたよ。
「研究室のコンピューターがウイルスに感染した」
「ウ、ウイルス?」
「あるメールを開くと、保存していたデータが全て凍結されてしまったんだ。画面には『ロックを解除してほしければ ... 』」
「それって、あれねー! 今世界中を騒がしているランサムウェアってやつねー! 解除してほしければ身代金を払えってやつでしょー! 卑怯ねー! 絶対に払っちゃだめですよー!」
とまくしたてたのですが、
「いや、身代金ではないんだ。『解除してほしければ例の古文書をこの住所に送れ』というメッセージが表示されている」
「 ...... 」

 こばとはしばらく呆気にとられてしまいました。そして我に返ってから、
「きききい! そんなものを要求してくるやつは、この世に1人しかいませんよー! 今度はまたとんでもない攻撃をしかけてきましたねー!」
「犯人がわかっていても、こちらとしてはどうしようもない。大切な研究データが入っている 6 台すべてがやられた。向こうの居場所も掴めない。今、助手や院生たちが研究室に集まって対策を話し合っているんだが、正直言って途方にくれている。いやもちろん、相手の要求のままに古文書を送るなんてことは絶対にしない。その点に関しては心配しないでくれ。本当なら、わざわざこばとさんを不安にさせるような連絡はしたくなかったんだが、そうも言っていられない。というのも、もしかすると、そちらの会社の PC も被害を受けるんじゃないかと思ってね」
「!!! それはそうですねー! あの五十木(いかるぎ)のことだから、『あとりえこばと』にサイバー攻撃してくる可能性は十分にありますねー!」
「とにかく、不審なメールは開かないでくれ。私のところは『たった 3 日で書き上がる最速論文執筆法!』というメールを開いて感染した」
「だ、誰ですかー!? そんな怪しげなメールを開いたお馬鹿さんはー!?」
「博士課程の茶之原君だ。彼は今論文に追われていたもんだから、つい藁にもすがる気持ちで ... いや、そんなことはどうでもいいんだ。とにかく、こばとさんも注意してくれ」
「わかりましたよー。今日はまだメールをチェックしていないのが幸いしましたよー。でもとにかく心配だから、今からそちらに伺いますよー」
「いや、そこまでしてもらうわけには ...... 」
「五十木のやつが逮捕されるまでは、こばとも安心して暮らしていられませんからねー」
「本当に申し訳ない」
「力を合わせて今度こそ五十木をしょっぴいてやりましょー!」
 こばとは通話を切ってから、PC のメールリストを眺めて怪しいものがないか探しました。
「特に怪しいものはなさそうですけどねー。んん? 『あなたにだけの耳寄り情報! 妖精さんがたった 3 日で 100g も減量できるクッキー』てのが届いてますよー。実は最近ちょっと体重が気になっていたところなんですよねー。クッキー食べながらダイエットできるなんて夢のようねー♪ ぽちっとな」

 My computer got infected with a virus.
 こばとの PC はウイルスに感染しました。


「えーん。えーん。こばとのパソコンがウイルスに感染しちゃったよー」
 こばとは連絡を受けて家に来てくれた小夜子さんに泣きつきました。
「どこまで馬鹿なの!?」
 小夜子さんは呆れて叫びます。
「えーん。えーん。『解除してほしければ古垣内に泣きついて古文書を指定した住所に送らせろ』と書いてありますよー。くやしいですよー」
「 ...... そんなトラップに引っかかるのは、こばとちゃんぐらいだよ」
 路子さんも呆れてそんなことを言います。
「とにかく車に乗って! K 大学に行くよ!」
 小夜子さんは泣いているこばとの襟首を指先でつまんで車に放り込みます。

<ひっく。ひっく。第2話に続きますよー
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/06/24 14:32 ]  こばとの大作戦! | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する